そもそも、屋号名・社名は必要ですか?


そもそも、屋号名・社名は必要ですか?

税金を納めるのに「屋号名」「社名」が必要ですよというお話ですが、折角なので、もう少し面白いお話をしましょう。知ってましたか?実は、屋号名・社名は「いつオープン・登記するのか?」により業績をあげやすかったり、不況に強くなったりするのです。
また、事業主と屋号名・社名の「相性」なんてのもありまして、相性を良くすることにより、事業が永く続きやすくなります。なぜなら、会社と事業主(経営者)と相性が良い訳ですから、気が合い一緒にいて楽しいからです。


どうでしょう?折角屋号名・社名を掲げ事業を営むのであれば、どうせなら楽しく仕事をしたくはありませんか?どうせならすぐ終わる会社ではなく、ずっと続く会社を作りたいと思いませんか?私なら折角立ち上げた事業ですから、100年以上続き、ずっと利益を上げられる会社を作りたいですけど。


ワンポイントアドバイス!
個人事業の場合、屋号を掲げなくてもいいと言えばいいかもしれません。収入を「個人」で申告しても良い訳ですし。しかし、屋号を登録する事で収入を「事業所得」とする事が可能となり、支出を色々と「経費」として落とせる幅が広がりますので、屋号名を掲げ屋号名を登録した方が良いと言えます。そして、どうせ登録するのであれば「運が良い屋号名の方が良くないかい?」と私は思うのですが、如何でしょうか?



占い屋ホシゾラにはその様な屋号名・社名を作る姓名判断の技術と、経営者自身の運勢をみる四柱推命の技術と、吉日選びの技術がありますので可能です。お任せ下さい。



屋号名・社名作成依頼

記事更新:2018年4月6日