中位(中宮)の意味

名刺相における、中位(中宮)の意味です。読み方は、”ちゅうい”、”ちゅうぐう”などで構いません。
縦の正中線と、横の正中線の交わるポイントです。

横名刺  縦名刺



その名刺の中心人物は一体誰でしょうか?それは、言われるまでもなく、名刺の持ち主である”あなた”です。
名刺の持ち主であるあなたが中心人物ですので、あなたを表す名前は、中心にあるのが望ましいのです。
九星気学では、中宮は五黄土星を表します。五黄土星の意味に「中心人物」という意味がありますので
名刺の中心人物であるあなたの名前は、中心にあるのが望ましい。



■名前が中位(中宮)にある良い名刺例

名前が中位(中宮)

名前の中心と、正中線があっていますので、名前の位置が適切である名刺と言えます。
※実際の名刺に正中線は引きません。


なお、中位(中宮)の意味はその他にたくさんありますので
中位(中宮)の意味をもっと詳しく知りたい方は
こちらをご覧下さい。五黄土星の象意
中位(中宮)を張りにする事により、中位(中宮)の良い意味を得られます。



★名刺相基礎講座へ戻る