北西位(乾位)の意味

名刺相における、北西位(乾位)の意味です。
読み方は、”ほくせいい”、”けんい”などで構いません。下記図の赤い部分が北西位(乾位)です。

横名刺  縦名刺



北西位(乾位)の主な意味は、上司、スポンサー。北西位(乾位)が張りで吉相であれば、
上司に恵まれ、スポンサーに恵まれます。
また、北西位(乾位)は、位が高いので社長という意味もあります。社長が社長らしくなけれ
ば、その会社・組織は上手く行かないので、社長は、必ず北西位(乾位)を張りにしないといけません。



■北西位(乾位)が張り、吉相の名刺例
北西位(乾位)が吉相



上記の図は、連絡先で北西位(乾位)が文字で埋まって下線があるので
北西位(乾位)が張り、吉相の名刺であると言えます。
なので、社長は社長らしく、大きなお金を動かす事が出来る名刺
北西位(乾位)のパワーを十分に得ていると言えます。


なお、北西位(乾位)の意味はその他にたくさんありますので
北西位(乾位)の意味をもっと詳しく知りたい方は
こちらをご覧下さい。六白金星の象意
北西位(乾位)を張りにする事により、北西位(乾位)の良い意味を得られます。



★名刺相基礎講座へ戻る