夢の中に現れた姓名判断



霊能者Yは、病弱である。生まれながらにして体が弱く、病弱である。
霊能者Yは、色々と普段我々には見えない”何か”が見えるようで、
この人の寿命は短いとか、生年月日を言っただけで霊能力により、
過去・未来が見えるらしい。因みに、占いは全く知らない。


ある日そんなYは、持病が悪化し、かなり体調を崩し弱っていった。
試しに霊能力で自分の寿命をみると、なんと既に寿命の火が消えかかっている。
また、他の霊能者からも「Yはもう短い」と言われ、
医者からも「もう長くない」と言われる始末。
どうやら、Yに寿命の時が来ていたようだ。


しかし、Yはまだやり残したことがあるようで、
自分でも分かってはいるものの、まだまだ死にたくはなかった。
医者からも半ば見放され、他の霊能者から宣告されても
やっぱりまだ生きたい。


そこでYが取った行動は、自力ではもうどうしようもないので、
神社でひたすらに祈ったのでした。
「神様の為なら何でもします。どうかもう少し私を生きさせて下さい」と。


するとその明け方夢を見て、その夢の中に姓名判断の公式が降りてきたのです。
神様がくれたのか、祈りが通じたのか、何故だか姓名判断を知らないYは、
夢の中で姓名判断の公式を見たお陰で、姓名判断を覚えたのでした。


そして、その姓名判断を使い自分を改名したところ、
自分でも見えていた寿命の火が再び灯ったのでした。
つまりは、寿命が延びたのでした。
こうして、Yは自分を改名する事により寿命を得たのでした。


この時Yは「これで3,000人の命が救える」と何故だか確信したそうで、
この画数と音数、生年月日の3つを融合した革新的な姓名判断が誕生したのでした。




革新的な姓名判断を受けてみたい!!
★姓名鑑定

革新的な姓名判断を習ってみたい!!
★姓名判断通信講座