教育方針



占い屋ホシゾラの姓名判断通信講座は、以下のような教育方針を定めています。


剣道や茶道に「守破離」という、教えるにあたって各段階を示した言葉があります。
占い屋ホシゾラの姓名判断通信講座も、この守破離に従って教育を進めて行きます。


「守(しゅ)」
物事にはある程度決まった”型”があります。この型を言われとおり実行して頂き、徹底的に基礎を学んで頂く段階。ですから、この時点で他の姓名判断と比較したり、人の名前を見て、意見をしたりするのは時期尚早であります。実直に教わった事柄を反復して覚えて下さい。丁度、全ての事柄を習い終えたら「守」は卒業と捉えて頂ければ大丈夫です。



「破(は)」
破とは、よんで字の如く破るであります。破は、守の段階で疑問に感じた事を実行し、基礎を破って自らの理論を確立していく段階です。また、他の姓名判断の流派の良い部分等を取り入れ、独自の路線を見い出す段階です。しかし、あくまでも「守」を終えている事が条件です。守を覚えずに破に進む事はありえません。この段階では、色々と鑑定をしたりして、自分なりの勘を養って下さい。



「離(り)」
守⇒破と進んでいくと、離により流派の枠にとらわれず、一つの流派から離れて行くようになります。この段階に来ると自ら看板やノウハウを持つようになり、立派な一人前の姓名判断師として活動する事が出来ます。



姓名判断通信講座に関して