私の姓名判断は他者とここが違う



占い師というのは、星の数ほどいますが玉石混交(ぎょくせきこんこう)であり、姓名判断の流派をとっても同じ事が言えます。私は、玉石混交の占い師、姓名判断の流派の中で、自分の立ち位置を明確にしたいのでこの様な記事を書いています。

他の一般的な姓名判断私の姓名判断
・名前の吉凶は画数がメイン・生年月日、姓名の画数、姓名の音の3つを融合させた
・運命数として数霊で結果が表れる
基本運命数とは 社会運命数とは 性格数とは
・音数を使わない・音数とは、音の運勢の事。
一般的な姓名判断は、音数を無視している。
音の運勢が良いと、その名前を呼んだ人、呼ばれた人双方に良い効果が波及する。
・生年月日を用いない・生年月日を使う
いくら良い名前でも生年月日に合っていなければ凶とする
・年運を出せない・年運を割り出す事が出来る
・各年の運勢を具体的に割り出す事が出来る
(良い出会いが訪れる時期、土地・家屋など大きな買い物に向いている時期など⇒姓名判断による年運の象意
・若年期、青年期、壮年期の様に大雑把にしか運勢を出せない・各世代の運気を割り出す事が出来る。
(10代、20代、30代のように80代まで各世代の運勢が割り出せる)
・各世代の転機となる年齢を割り出す事が出来る
・正確な相性を出せない・男女の相性を、名前の音と運命数による相性で正確に割り出す事が出来る。
基本運命数の相性 男性編
基本運命数の相性 女性編
・あまり当たっていない・今までの姓名判断で解けなかった謎が解けたと言われる