なたの命名・名付けの悩みが解消される
正しい姓名判断を使った良い名前を
私と一緒に作りませんか?

名は体を表す、名前は一生背負うもの



生まれてくる愛おしい我が子に、良い名前を付けてあげたい。
この願い、思いは、全ての親に共通して言えることと思います。


はじめまして、占い屋ホシゾラの飛鳥宗佑です。


こちらの手紙をこうして読み始めて頂けているという事は
あなたは今、赤ちゃんの命名、名付けに関して
何か悩んでいるという事でお間違いないでしょうか?


そこで、あなたにお聞きしたいのですが
ひょっとして、赤ちゃんの命名、名付けの為の
姓名判断でお悩みではないですか?
姓名判断って難しいですよね?


「書店で姓名判断の本を買ったけど、イマイチ意味が分からない」
「どうやって姓名判断を使って名前を付ければいいんだろう?」
というのが、今この手紙をお読み頂いているあなたのみならず
これから命名、名付けをしようとしている
多くの親御さんの気持ちではないでしょうか?


でも、難しい姓名判断の本を目の前にして
正直めんどくさいなぁと感じつつも
「せっかくだから運勢の良い名前を付けてあげたい」
と思うのが正直なところではないのでしょうか。


そう思うのは親として当然です。
なんせ名前は一生背負っていくものですから
出生届を出すまでの2週間、恐らくあなたの頭の中は
子供の名前の事で一杯となっている事でしょう。


しかし、ご安心下さい。
あなたがこの手紙に辿り着いたという事は、
その悩みを解決できる糸口を掴んだという事です。
なぜなら、私飛鳥宗佑は、姓名判断の専門家です。
姓名判断に関して私は、何でも答える事が出来ます。


なので、あなたはこれで・・・
[check]姓名判断に関して悩む必要が無くなる
[check]姓名判断で吉となる命名・名付けが可能となる
のです。


私はあなたのパートナーです。業者でも先生でもなく
これから一緒に良い名前を作りあげるパートナーです。


先程、私は姓名判断の専門家であると言いました。
そこで、あなたにお聞きしたい事があります。


「姓名判断の専門家と聞いてどんなイメージを持ちましたか?」


占いの専門家というと何故か
「俺が作ったこの名前を使わなかったら絶対開運しない」とか
「いいから俺の言う事を聞け、俺の言う事を聞いていれば開運する」
「地獄に落ちる」みたく
一方通行で断定的な話しかしない人、というイメージがありませんか?


私は、お客様と一方通行なやり取りをするのが嫌いなので
私は、あなたと「先生と生徒」のような上下関係では無く
平等な立ち位置で、それこそマラソンに例えるなら
横に並んで一緒に走る、「パートナー」のような存在で居たいんです。


実は、私もあなたと同じく、子を持つ親で、2児の父親です。
子を持つ親として、悩みを理解しやすい立場にもいるので
あなたにとっても私をパートナーとして受け入れ易いと思います。


決して、専門家だからといって私一人で全て命名・名付けをするのではなく
専門家である私と一緒に、あなたの願い、思いを100%実現できるような
良い名前を共に作りあげたいと思います。


もしあなたが、書店に売られている姓名判断の本
ネットの無料姓名判断を利用し命名・名付けをしようと
しているのなら今すぐ止めて下さい。


パートナーとしての立場から申し上げておくと
折角何かの縁で、あなたはこの手紙に辿り着いた訳ですから
私は、何かしらあなたの役に立ちたいと考えております。


そこで、命名・名付けに関して「これだけは止めて下さい」という
忠告がありますので、私から2つだけ忠告をさせて下さい。
それは、表題にもありますように
書店に売られている姓名判断の本を見て命名・名付けをする事
ネットの無料姓名判断を利用し命名・名付けをする事です。


実は、それらの姓名判断は、間違っています。
なぜ間違っているのかというと、
画数だけで姓名判断しているからです。


画数が一緒であれば、字が違っても吉凶は一緒になります。
ここにほんの一例を載せますので、じっくりとお読み下さい。

例:寺田浩康(てらだひろやす)※仮名です。
寺=6画
田=5画
浩=10画
康=11画
これを書店の姓名判断の本や、ネットの無料姓名判断で調べると、全てが吉となる吉名になります。


まぁ何となく吉名っぽい名前ですから、何となく結果は頷けると思います。
では、次です。


例:寺田馬鹿(てらだばか)※仮名です。
寺=6画
田=5画
馬=10画
鹿=11画
これを書店の姓名判断の本や、ネットの無料姓名判断で調べると、全てが吉となる吉名になります。



当たり前の結果であります。なんせ画数が一緒ですから。
でも、画数で判断すると両方吉名であります。
吉名と言うことは、開運できる名前なはずです。
と言う事は、人から「ばか」と呼ばれて開運できる名前です。


あなたはこれを見てどう思いますか?
こんな名前あり得ると思いますか?
こんな名前で開運できると思いますか?
百歩譲って、そんな特殊な世界があるかもしれませんが
私達が暮らす、社会・日常ではあり得ませんよね。


画数による姓名判断は、こんなふざけた名前も
吉名であると判断してしまうので、間違っているのです。



試しに後でもいいので、「正しい姓名判断」と検索して
ネットの無料姓名判断で「寺田馬鹿」と打ち込んでみて下さい。
全てが吉となる結果になります。
日本で一番正しい姓名判断は、「寺田馬鹿」を吉名と認めています。


結論を言えば、画数のみの姓名判断は間違っていて
正確ではありません。
なので、書店に売られている姓名判断の本
ネットの無料姓名判断で命名・名付けをするのは
止めて下さいねと言っているのです。


この様に、あなたにとってマイナスとなる事、役に立たない事が
あればパートナーとして忠告する事があります。


パートナーだからと言って、ただ横からみているだけの傍観者で
あなたが何も言わなければ何もしないという
主体性・自主性がないパートナーではなく


横で見ていて、困っているようでしたら
こちらからアドバイス致しますし
あなたが何かを問えば、お答えします。


ただ、勘違いして頂きたくないのは
あなたをサポートするパートナーだからと言って
全てを容認するような、ただ優しいだけの
パートナーではないという事も、予め申し上げておきます。



時には少し耳の痛い事も、言わざるを得ないと判断すれば
忠告を差上げる事もあります。
ただ、その場合は、叱るというイメージでは無く
着眼点を見つける手伝いをするというイメージを持って頂ければ良いです。


姓名判断を使い命名・名付けをするという事は
運勢を操れるという事


ところで、あなたは、なぜ名前が凶名になるのか
吉名になるのか考えた事はありますか?
恐らく、そんな事あまり深く考えた事がない
という人が大半でしょう。


姓名判断に限らず占いは、自分が持つ運勢を映し出します。
例えば、あなたに関して、元々結婚運が悪いとしましょう。
そこで、あなたに関して姓名判断を行えば「結婚運が悪い」
という結果が出るのです。


分かりますか?


名前が悪くて「結婚運が悪い」のでは無く、元々結婚運が悪いので
姓名判断の結果で「結婚運が悪い」て出るのです。



繰り返しますが、名前が悪くて運勢が悪いのでは無く
元々運勢が悪いので、占いの結果が「悪い」と出るのです。


逆も然り


名前が良い人と言うのは、元々の運勢が良いので
良い名前が付けられるのであって
名前が良いから、運勢が良いのではなく
元々運勢が良いので、名前が良くなるのです。


と言う事は、本来、運勢が悪いので、凶名となるはずの人が
姓名判断で先取りし、先に吉となるような名前にしてしまえば
本来名前が凶となる事実を変える事が出来るのです。


そこに姓名判断を駆使して、命名・名付けをする意味があるのです。
姓名判断を正しく使えば、運勢の出方を変える事ができるのです。
しかし、あくまでも「正しく使えば」です。
先程も申し上げたように、画数のみの姓名判断にはそれが出来ません。


正しい姓名判断とは


正しい姓名判断は、画数のみで姓名判断をするのではなく
・名前の「画数」
・言霊における「音数」
・生年月日
この3つを使い姓名判断します。


名前は書くので、画数も考慮しなければいけません。
しかし、総画がいくつとか名格はいくつとか
そんなに気にしなくて大丈夫です。


むしろ画数よりも、名前の見た目を気にして下さい。
画数を無理やり合わせたかのような、読みずらい名前。
難しそうな字ばかり使い、読みずらそうな名前。
それよりも、読みやすく、見た目で何となく大吉っぽい名前
にトコトンこだわって下さい。


なぜなら、名前は他人が見た時
パッと見でしか判断せず、画数が何画であるなど
どうでも良い話ですから。


次に名前は、呼んで発音する為
名前の読み、音にも気を付けなければいけません。
音にも運勢があり、字画を「画数」と呼ぶのに対し
音の運勢を、「音数(おんすう)」と言います。


従来の姓名判断では、どうしても画数主義的なところがあり
とにもかくにも、名前は「画数」により吉凶を判断する事になります。
ですから、名前の読みや音の運勢に関しては
ほとんど考慮されていないのが現状の姓名判断です。


なぜ画数ばかりを気にして、音の運勢を考慮しないのでしょうか?
名前は書くのみならず、呼んで発音するのに
言霊・音霊という言葉があるくらいなので、音にも運勢があるのです。
だから、現状の姓名判断では正確な運勢を把握できずにいるのです。


ほんの一例を挙げます。仮に「正治」という方が居たとします。
でも、ふりがなをふっていない状態では何と読むでしょう?
「せいじ」でしょうか?
「まさはる」でしょうか?
ふりがなが無いと、なんて読むか分かりませんよね。


そして、読み方が違うので、同じ13画の正治でも
「せいじ」と読む場合と、「まさはる」と読む場合では
何となく印象が違いませんか?
当然印象が違えば、運勢も違ってきます。


最後に、姓名判断は生年月日も使います。
赤ちゃんが誕生する時、最初は体だけです。
後から名前が付けられます。
ですから、体が先で、名前が後です。


裸の体に、後から名前を付けます。
と言う事は、名前は、裸の体に着せる服とも例えれます。
ですから、この様な式も成り立ちます。
生年月日=裸の体、名前=服


ところで、服を着る時の基準は何でしょう?
色やデザイン、好みがありますが
何よりもまず、サイズが重要ではないですか?


いくら素敵なデザインで好きな色使いな服でも
サイズが合わなければ、着れませんよね?
従って、名前は服ですので
生年月日に合うような名前でなければいけないのです。


生年月日に合っていない名前を凶
生年月日に合っている名前を吉
とします。


サイズが合わない服を着て、実力が発揮できますか?
もっと具体的に言えば、本当はLLサイズの服が適当なのに
Sサイズの服を着ていては、身動きが取りずらいですよね。
サイズの合う服を着た方が動きやすいですよね。


と言う事で、生年月日に合っている吉名は、実力が発揮しやすく
生年月日に合っていない凶名は、実力が発揮しずらいのです。



折角見た目的にも、画数的にも、音数が良い名前を作っても
最終的に生年月日、要するに服のサイズが合っていなければ
全く意味が無いのです。


これが正しい姓名判断であります。


因みに、名前は生年月日に合わせますので
同姓同名でも、生年月日が違えば、吉凶も違います。
また、生年月日が一緒でも、名前が違えば吉凶も違います。
画数のみの姓名判断では、同姓同名では同じ結果にしかなりません。
正しい姓名判断では、同姓同名でも
生年月日も一緒でなければ、同じ結果になりません。


名前の読み・音により欲しい運勢を拾える


先程、正しい姓名判断のところで述べましたが
名前は、呼んで発音するので、音の運勢「音数」も大切です。
では、名前の読み・音に関してもう少し説明します。


名前の読み・音に関して言えば
全ての読み・音も大切ですが
特に一番大切な読み・音は、名前の最初の音です。


例えば、「すずきいちろう」の場合
「いちろう」ですので「い」が大切で
「い」により音の運勢を測ります。


「たなかこういち」の場合
「こういち」ですので「こ」が大切で
「こ」により音の運勢を測ります。


この様に、名前の最初の音で運勢を測れます。
では、各音にはどんな運勢があるのかというと・・・

・あ行、は行(あいうえお、はひふへほ):創造・発展運、親戚
・か行、ま行(かきくけこ、まみむめも):健康・活力運、父親
・さ行、や行(さしすせそ、やゆよ):才能・人気運、母親
・た行、ら行(たちつてと、らりるれろ):精神・芸術運、兄弟
・な行、わ行(なにぬねの、わん):商売・家族運、友人

ですから、命名、名付けをする場合
まず、名前の最初の読み・音を何にするのかが
その名前の運勢を決定付けますし、重要です。


なので、名前の音により欲しい運勢を付ける事が出来ます。
例えば、あなたの子供が、スポーツの分野で活躍してほしいと願えば
まさと、こうた、けんた、みつる、きみやすのように
「か行・ま行」から始まる名前の読み・音にすれば良いのです。


ところで、スポーツの分野で有名人をみると
何となく、「か行・ま行」の人が活躍していませんか?

勿論、「イチロー」のように、か行・ま行以外の人でも
スポーツの分野で活躍している人はいますが
何となく「そう言われてみれば多いね」と感じて頂けると思います。


画数や音数も大事だが、字の意味も大切


言い忘れましたが、名前は吉名である事も大切ですが
字の意味、字義(じぎ)も大切です。
例えば「玲」という字。
あなたは、この字にどんな意味があるか分かりますか?
答えは・・・

>>
玉や金属がふれあって鳴る美しい音 
>>
すきとおるように美しいさま 
>>
さえてあざやかなさまです。

なので、あなたの子が女の子だとして
「美しい女性に育ちますように」と願うのであれば
是非この「玲」という字を使う事をおススメ致します。
勿論「玲」以外にも女の子に向く字は色々とありますが。


この様に、字一つ一つにも意味合いがありますので
画数や音数を気にすると同時に
字義が良い字を選ぶという事も忘れてはいけません。


しかし、いくら字義の良い字を使っても
字の良さが出るには、正しい姓名判断で
吉名となっている事が条件です。
吉名で、良い字義の字を使えば、良い意味が出ますが
凶名ですと、字の良さが発揮しずらくなります。


ですから、正しい姓名判断で吉名であるという事が
如何に素晴らしい事かお分かり頂けると思います。
それもこれも、私と一緒に名前を考えれば
いとも簡単にクリアできる事柄であります。


さぁ、それでは正しい姓名判断を使い
私と一緒に良い名前を考えましょう。


正しい姓名判断をお読み頂き、あなたはどう感じましたか?
人によっては、「生年月日に合わせるなんて凄い効果がありそう」とか
「音数って初めて聞いた」という方が少なくありません。


実際正しい姓名判断を用いて名前を作り、それを使うとどうなるのか
具体的に記されている「お客様の声」がありますので参考にしてみて下さい。

自分達で考えた名前の候補があったのでまずそちらを鑑定していただき、こうするとより良い名前になるということもアドバイスしていただけたのでとても参考になりました。また、こちらの質問に対しても分かりやすく親切・丁寧な回答を速やかにしていただけました。なので出生後14日以内という出生届の提出にも十分間に合うことができました。様々なパターンの命名を作成していただき、それらの命名に至った経緯も詳しく説明していただけたのでとても信頼できる内容であったと感じています。そして一方的な押し付けではな、こちらの希望も汲み取って命名作成していただくことができました。ネットで知り、メールでやり取りするので依頼してみたものの、始めは大丈夫かな?怪しい人だったらどうしよう...など正直不安はありました。しかし、鑑定料金の件に関してもそうですしメールをやり取りするなかで、飛鳥様の対応にとても誠実さを感じたので信頼・安心することができました。今回の命名は第二子のものだったのですが、飛鳥様のことを知っていれば第一子のときも依頼したかったなと思いました。(2016年8月生まれ女児・A様)

娘の今後の人生が名前によって素晴らしいものとなるように精一杯命名案を考えてきたつもりでしたが、今ひとつ自信が持てず本当にこの名前で良いのだろうか、気に入ってくれるだろうかなどあれこれ迷いがございましたが、今回貴サイトに出会い、ホームページに記載されていた飛鳥様の命名に対する思いに共感し、ここであれば良い名前が決められるのではないかと依頼させていただきましたが、実際納得のいく命名ができたと考えております。
他のサイトにあるような一方的な命名案を提供して終わりということではなく、両親の思いや意見を第一に考え名前に反映していただけるところに信頼感を感じました。あれもダメこれもダメと縛りが多いと納得のいく名前にならないと思いますが、我々両親の思いを取り入れていただき納得のいく名前に決められたと思います。提案していただいた名前全てが良い名前で1つに絞るのがもったいなかったです。(2017年1月生まれ女児・S様)



命名・名付け料金


赤ちゃんの命名、名付けは、「一生モノ」です。
では、「一生モノ」と言われるモノは
一体どのくらいの価格でしょうか?


:何千万円とします。高いものですと、億単位
土地:家同様高額な価格です。
:何百万円とします。高いものですと千万単位も
五月人形、ひな人形:何万円もします。高いものですと、何十万円とします。


では、これらの「一生モノ」を見た中で
命名、名付け、名前の一生モノの価格はいくらか?


162,000円(税込)での提供でございます。


Q&A


Q:作成から納品までどのくらい掛かりますか?
A:作成は、入金確認が取れ次第始めます。出生届けを出すまでには2週間しか時間が無いので、作成開始後から大凡5日までの間に納品致します。とにかく出生届けを出すまでには必ず間に合わせます。

Q:命名は1つだけですか?
A:候補を2,3用意しますので、その中から気に入った名前をお選び下さい。

Q:修正に追加料金は発生しますか?
A:いいえ、発生致しません。

Q:お支払いはクレジットカードも可能ですか?
A:はい、クレジットカードに対応しています。現金振り込みも可能ですので、どちらにするかお聞きするので、お選びください。※クレジットカードは、ペイパルを利用致します。対応カードVISA、JCB、マスターカード、アメリカンエキスプレス。予めペイパルのアカウントを作成しておくと決済が楽です。クレジット決済は、私が請求書をメールで送りますので、そちらからお願い致します。分割で支払いたい場合は、決済後カード会社に電話で連絡するか、ウェブサイトから分割かリボ払いへの変更をお願い致します。


最後に


もう一度申し上げますが、私は、姓名判断の専門家であり
あなたのパートナーです。


正しい姓名判断を使い、大吉となる名前を作る事は
姓名判断の専門家ですので、いとも簡単な訳です。
なんせ、計算式があるので、その通りに
画数や音を合わせていけばいいだけの話ですから。


なので、ある意味では、命名、名付け、または
吉となる名前を作るということは
単なる数字合わせでしかないかもしれません。


しかし、ただ単に数字を合わせるだけで
本物の生きた名前が作れるでしょうか?
ただ単に数字を合わせるだけなら
それこそふざけた名前でもなんでも良いわけです。


ですが、こと命名に関してはそうではないはずです。
血の通った、生きた名前でなければいけません。
命あるものに付ける名前ですから。


では、名前に血を通わせるためには何が必要でしょうか?
それは、私に無くて、あなたにあるもの・・・
実際に我が子にもつ愛情です。


そのあなたの子に対する愛情こそが
何よりも名前に血を通わせ、生きた名前にします。
私は、それを最大限名前に発揮させる為の技術を持っているだけにすぎません。


あなたの生まれた子に対する愛情と、私の姓名判断技術を掛け合わせ
一緒に愛情に溢れた、素敵な名前を作りましょう。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM