一白水星の象意



一白水星の象意

基本的象意
易象:水 卦徳:陥る 方位:北 八宮:坎 季節:冬 数意:1、6 内臓:腎臓 運気:部下

主だった象意:人間関係、男女の結びつき、健康、秘密


派生的象意

  • 水の象意から:流れる、海、川、せせらぎ、合流、交わり、流動性
  • 水は染み渡る:深い思考、地下水、癒し、潤い
  • 合流から:くっつく、和合、仲直り
  • 海、川から:釣り、魚類、水中生物
  • 常に流れるから:思考、悩み、血液
  • 交わりから:異性交流、セックス、人間関係、コミュニケーション、ノミニケーション
  • 冬から:忍耐、寒い
  • 北から:人生の指針、創始、北極星
  • 坎から:穴、陥る、困難、苦労
  • 人体:生殖器、泌尿器、肛門、鼻腔、アルコール中毒
  • 子から:12月、子の刻23時~1時、睡眠、安眠、健康
  • 天象:月、雨、雪
  • 人物:部下、仲介者、中年の男、漁師、水を使う人、水商売、学者、酒屋
  • 食べ物:水、日本酒、魚、塩辛いモノ全て、冬・正月のもの(大根、白菜)



各九星の象意

⇒二黒土星の象意