九紫火星の象意



九紫火星の象意

基本的象意
易象:火 卦徳:麗く 方位:南 八宮:離宮 季節:夏 数意:2、7 内臓:心臓、首より上、目 運気:地位・名誉

主だった象意:離合集散、二つ、学術、芸術、書類

派生的象意

  • 火から:照らす、見える、装飾、尖鋭、最高、暑い、熱い、お灸、情熱、火葬
  • 無知を照らすから:知性
  • 離から:離合集散、付く、消える
  • 離合集散から:複数の事、2つの作用
  • 知性より:頭脳明晰、精神、気が付く、学問、読書、習い事
  • 見えるより:心眼、予測、先見の明、シュミレーション、視力、眼鏡
  • 照らすから:露顕、発見、暴露、検挙、オーラ、スポットライト、見出し、タイトル
  • 装飾より:文章、コピーライティング、派手、綺麗、色気、肩書、美的、外見、化粧、美容整形、おしゃれ、流行
  • 尖鋭より:注射、切断、最先端、少数
  • 南より:太陽、頂点、名誉、評価、栄光、出世、印鑑
  • 人体:心臓、目、裸眼、近視、遠視、顔面、体温、ノイローゼ、頭痛、不眠症、神経症
  • 午から:6月、午の刻11時~13時
  • 人物:中女、裁判官、デザイナー、バーテンダー、美容師、アーティスト、医者、眼科医、学者、広告・宣伝業、新聞記者、カメラマン、占い師、鑑定士、宗教家、消防士
  • 食べ物:馬肉、カクテル、洋酒、海苔、焼き物、彩り豊かな料理、夏の食品
  • 場所:裁判所、学校、図書館、はんこ屋、美術館、本屋、消防署、美容院、エステサロン
    化粧品売り場、テレビ局、火山、南国、デパート、バー



各九星の象意

⇒一白水星の象意