象意とは?



象意(しょうい)とは、ある事象の主だった意味の事である。
九星の象意は、一つとは限らず、常に複数存在する。


例えば、一白水星には
人間関係、健康、部下、悩みなど象意が複数存在する。



各九星の象意